伝道者の紹介


野口良哉 (のぐち よしや)
     
1966年2月14日、茨城県石岡市のクリスチャン・ホーム(牧師家庭)に
四人兄弟の長男として生まれる。茨城キリスト教大学、東京神学大学
大学院、ハーディング大学大学院に学び、シャロン・キリストの教会、
石岡キリストの教会を経て、1998年より御茶の水キリストの教会伝道者として現在に至る。趣味は温泉めぐり、ラーメン行脚、そして、腹話術。ちなみに、これまでに入った温泉は800泉を越えるとか。

 

 

長老の方々


  相川 重雄 (あいかわ しげお)  石井 久吉 (いしい ひさきち)   呉 学殊 (おう はくす)

  福永 卓己 (ふくなが たくみ)  細川 知正 (ほそかわ のりただ)

 

教会の事務局


相川 忠義(あいかわ ただよし)伝道者補佐(シニア・英語部)
      1977年2月25日生まれ。東京都出身、クリスチャン・ホームで育つ。1989年8月富士五湖の一つ、本栖湖でバプテスマされる。東洋大学文学部哲学科卒業後(2000年)、アビリン・キリスト教大学大学院神学研究科で教会史の修士課程修了(MA、2004年)。キリストの教会伝道学院・講師(2004年〜)を務めつつ、2012年4月より、御茶の水キリストの教会・伝道者補佐。趣味は旅行(そのためか、車、電車、船、飛行機、バスなど、いろいろな乗り物に乗るのも好き)、異文化に触れること。詳しい知識はないが、ネコが好き。

足立 雄飛(あだち かずたか)伝道者(ユースミニスター)
      1979年6月11日、千葉県船橋市出身。けどほぼ茨城県育ち。東京基督教大学・神学部神学科卒業後、2002年4月より教会スタッフ、2012年4月より伝道者補佐、2015年4月より伝道者(ユースミニスター)となる。趣味は映画、音楽鑑賞、海釣り、カメラ、ドライブ、スポーツ等など。将来の夢は牧会の傍ら児童虐待等で苦しむ小さなお友だち(子ども)を助ける働きに携わること。人生の目標は「私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです。」(ルカ17:10)と心から言える奉仕者に徹底してなること。今はまだなすべきこともできておらず、本当にただの役に立たないしもべです。